ステッカー印刷をする前にどんなステッカーを作るかイメージしよう![Postcards Flyer]

オンリーワンなステッカーを作りたい

オリジナルのステッカーを作成したい場合は、専門の印刷業者にお願いするのがおすすめです。印刷業者に依頼すると自分で作成するよりも丈夫なステッカーを作成する事ができます。ステッカーをどこかに貼り付ける場合接着糊が重要になってきます。普通のりと貼り剥がしがしやすい再剥離ではどう違うのでしょうか?比べてみました。

ステッカーに使われる普通のりと再剥離のりの比較

普通のり

普通のりは多くのシールやステッカーに使用されます。一度剥がして使う場合のりの粘着力が落ちてしまいます。のり代を別途請求されないのでコストがかかりません。性能を気にせず大量にステッカーを注文したい人におすすめです。

再剥離

再剥離は貼り剥がしがしやすいように糊の強さが調整されたものです。剥がす時も糊の跡が残らないので綺麗に剥がせます。何度も貼ったり剥がしたりする回数が多いステッカーを作成する人に向いています。

シール

簡単に作成する

ステッカー印刷は、専門業者に依頼することで簡単に作成できます。ステッカーは耐水性や耐候性に優れていて、長時間使用することもできます。ステッカー印刷はフルカラーで行うこともできて、ラミネート加工なども人気です。フルカラーですとより多様な表見が可能となります。大量に作成する時は、一枚ずつ切り離すことができると配りやすくて便利です。ステッカー印刷をする時は価格に注目する必要もあります。ラミネート加工をしないでも耐水性や耐候性が高いインクを使用することで加工費を抑えることもできます。

用途を考える

ステッカー印刷をする時は、用途をよく考える必要があります。マグネットタイプは家の冷蔵庫に貼ることもできますし、ホワイトボードに貼ることもできます。マグネットタイプは取り外しが自由で多様な使用法を考えることができます。大型のステッカーは店舗看板などに貼ることもできます。透明素材を選択することで、窓ガラス装飾にステッカーを使用することもできます。使用用途ごとに様々な素材を上手く選択することは大切です。

費用のことを考える

ステッカー印刷を依頼する時は、料金のお得度を考える必要もあります。料金体系が明瞭で分かりやすい印刷会社は、料金の想定をしやすくて人気があります。少部数でもリーズナブルな価格で注文できると更に良いです。ステッカーに使用する素材は様々で、冷凍庫で使用することもできます。自社工場で一貫した生産をしている会社は、料金がお得なことも多いです。中間マージンが発生しないと料金がお得となります。自社で一貫して生産することで、印刷に関する技術の蓄積を期待することもできます。

総合的な視点を

ステッカー印刷によって広告効果を得ることができます。ステッカー印刷のコストを考える時は、コストパフォーマンスを意識することが大切です。ステッカーによる広告効果はどこに貼るかに影響されます。家庭用に使用する時は、使いやすさを重視することも大切です。一枚一枚切り離すことができたり、マグネットタイプのように自由に貼ったりすることができると便利です。