会社専用の名入れカレンダーを作成する時の注意点とおすすめ機能[Postcards Flyer]
HOME>info>会社専用の名入れカレンダーを作成する時の注意点とおすすめ機能

カレンダー注文は業者がおすすめ

会社でカレンダーを大量に注文する場合、自分で作成すると時間と手間がかなりかかってしまいます。なので、名入れカレンダーを作成する場合は業者に依頼するとクオリティの高いカレンダーを作成してくれますよ。カレンダーは以外にも使用される頻度が高いので、機能性の高いものが喜ばれます。どんな機能が人気なのでしょうか?順位をつけてみました。

名入れカレンダーでついていると嬉しい機能ランキング

no.1

前後月が三か月配置されている

カレンダーをスケジュール帳代わりに使用している人もいるので、前の月と次の月が書かれているカレンダーは機能性が高く使用しやすいです。予定がぎっしりある人や職場のようなスケジュールの管理が大切な現場では重宝されやすいです。次の月を一目で確認できるのは有難い機能といえます。なのでランキングの1位としました。

no.2

メモスペースがある

予定を書き込めるスペースがあると、スケジュールの書き込んだりその日のあった事をメモできます。カレンダーのマスは大きさが大体決まっているので、たくさん書き込む事はできませんが一行だけなどちょっとした事を書き込むのに便利です。メモスペースがあるカレンダーもあると嬉しい機能ですが、1位と比べると使いやすさが落ちるので、順位を2位にしました。

no.3

曜日や記念日ごとに色分けがされている

色分けがされていると、曜日や祝祭日が一目で分かるので嬉しいです。ですがあまりにも色数が多いとカレンダーが見にくくなってしまうので、適度な色使いのカレンダーが良いです。1位と2位の機能よりも重要視されにくいので順位を3位にしました。

カレンダー

名前に旧字があるとき

人の名前や会社の名前があります。日常的にどんな漢字を使うかは人によって異なりますが、正式な漢字があるはずです。旧字は字画が多くて面倒なことから普段は簡単な漢字を使っているときもあるでしょうが、きちんと知らせる必要があるときは正式な漢字を使う必要があります。名入れカレンダーは名前を入れてくれるカレンダーで、好きなタイプを選んだ後に社名などを入れてもらえます。旧字体を使っているのであれば、旧字を使う部分をしっかり示すようにしましょう。似ている字だと業者側が勘違いすることもあります。マークを入れておくと間違われにくいです。

売り切れが早いタイプ

年末近くになると営業用に配るカレンダーなどを注文するかもしれません。自社の名前を入れた名入れカレンダーを配るのが毎年の恒例になっている会社もあるでしょう。デザインが良かったり使い勝手がいいカレンダーだと、配った取引先に喜ばれたりします。できれば期待に応えられるよういいカレンダーを作りたいでしょう。業者に依頼するときの注意として、売り切れが早いタイプがあることを知っておきましょう。人気のあるデザインは早く売り切れてしまうため、年末近くになると注文できないときもあります。10月やそれ以前に注文しないといけないときもあります。